BMW F34 水漏れ、オーバーヒート

エンジン、チェックランプ点灯 クーラント(アンチフリーズ)少ない

オーバーヒートで入庫しました!
  
 BMWテスターにて、故障コード確認後、
 とりあえず目視にて、エンジンルーム、水廻りチェックしていきます。

↓の赤枠の部品の反対側、赤枠のつながっている先の方で、水漏れしてる

見たいです。

↓目視できないので、インマニ取り外し、確実に確認しました。

赤〇の所、樹脂パイプ完全に割れて外れてます!

クーラント(アンチフリーズ)は不足するとオーバーヒートなど不具合が発生する危険性があるため、早めの修理が必要です。

オーバーヒートすると、エンジンダメになる場合もあります。
 
今回は早期発見ができたのでオーバーヒートにもならずに修理することができました。

 

エア抜き及び漏れのないことを確認できたらテスト走行、電動ファン作動も確認して、作業完了です。

オートガレージサクライではBMWの水漏れ以外にも
専用の診断機を用意していますのでどんな些細なのことでもお応えすることができます。

BMW以外にもベンツなどの専用診断機まで完備していますので点検・整備をすることが可能です。

「エンジンの調子がおかしい」と思った方はオートガレージ サクライ(㈱A.G.S)へご相談ください。

スマートフォンでサクサクっとリモート問合せ可能です!

車検や車のトラブルはもちろん整備まで車のことならなんでもご相談ください!

友だち追加

 

 

  • Ju適正販売店
  • 技術情報広場
  • BMW BMW MINI 専用 VIM専門店
  • facebook
  • 予約状況
  • 雑誌掲載